めまいを放置しない|フラフラしたら病院へ!

医者

耳が悪いとさよなら出来る

家族

補聴器は段々と自分に慣れるものですが、選び方の基本として聞こえる程度を知る事が大事なのです。専門医の検診を受けて、どの位なのかを知った上で、種類や着け方によって聞こえ方が大幅にずれる事を知っておきたいです。そして、使う場面も意識して決めて行きたいです。

View Detail

とても便利です

老人

新宿には非常に多くの耳鼻科があります。仕事中や仕事帰りの方々が多く利用しますし、ショッピングの最中に利用する方も多数います。まずはホームページなどを検索して、どのような耳鼻科なのかを調べてみましょう。

View Detail

ほかの病気が原因かも

耳

回転性の症状

回転をするようなめまいを感じるとき自分がぐるぐるとまわっているような感じがして、吐き気やおう吐を伴い時にはたっていることができなくなることがあります。かなりつらいものがありこの症状が治まるまで横になって、耐えるしかないということがあります。病院にもいかれないということがよくあります。このような回転するようなめまいの時には前庭神経炎、突発性難聴、メニエール病などの病気が疑われます。突然にめまいに襲われるため不安感に悩まされたり、いつこのような症状があらわれてくるかわからないために、外出がおっくうになることもあります。回転性のめまいのほとんどは命の危険はない安心なめまいです。症状がつらいので不安に感じてしまい、そのストレスでさらにめまいを強くしてしまう人もいます。

非回転性

非回転性のめまい、つまりふらふらしたり足元がふわふわするといった場合は、命に係わる重大な病気が隠れていることがあります。自覚症状として頭が痛かったりしたときには病院での診断が必要になってきます。症状は比較的に軽くてつらいことはさほどありません。ですが軽く考えてもいけない症状です。このような症状が出る人の10人に1人は脳が関係している、大変な症状のめまいです。このような症状を感じたときには一度病院で調べてみることが大切です。めまいは内耳の血流の状態で左右されるといわれています。動脈硬化が進行してしまうと内耳に血液を正常に運ぶことができなくなってしまいます。また血糖値が高い人も症状を起こしやすく、糖尿病の人もめまいが多くなると考えられています。病院でこのような病気を指摘された人は注意が必要です。

鼻粘膜の乾燥の診断と治療

風景

普段の生活では無意識に鼻や口で呼吸されていることでしょう。そのことによって鼻には多くの菌を吸っていたりするのです。その鼻腔内で起きる問題として挙げられのがアレルギー性鼻炎となっているのです。

View Detail